消費者金融

ブラックリストとは

多重債務者にとってブラックリストという名称は気になる名称です。

しかし、実はブラックリストという名称は金融業界には存在しません。

消費者金融利用者の信用情報は、ご存知のように信用情報機関へ登録されています。

利用者全ての利用状況が登録されているのですが、その中の「事故情報の登録」こそがブラックリストの正体なのです。

したがって、ブラックリストという表現ではなく、正確には事故情報が登録されている、が正解なのです。

実際、事故情報が登録されていれば、審査に通らなくなります。

自己破産をしたばかりの人などは、「自己破産をした」という情報が登録されていますので、どんなに審査が甘い大阪消費者金融といえども融資はしてくれないでしょう。

ただ、事故情報が登録されているから貸してはならない、というルールはありません。

たとえ事故情報が登録されていても、法律上、その者に融資をしてはならないという規則はないのです。

つまり、事故情報はあくまでも大阪消費者金融の判断すべき審査基準の一つということです。

無論、事故情報は審査基準の中でも得に大きなマイナスポイントとなりますし、殆どのキャッシング会社は審査を通さないでしょう。

それほど、自己破産という行為は信用を皆無にする行為なのです。

自己破産以外にも

また、自己破産のみでなくとも、毎月の支払いを何度も遅延したりしていれば、これも事故情報として登録されています。

こういった事故情報は、自己破産よりはマシかと思います。

過去に少々延滞行為があったとしても、現在の収入が安定していれば問題ないし、それ以降遅延行為をしていなければ、リスクは低いと判断されて審査に通る可能性はあります。

したがって、ブラックリストについてそれほど怖がる必要はないということです。

単なる審査基準の一つだと考えれば気が楽になるでしょう。ブラックリストが及ぼす影響はあくまでも一定期間の間です。

その期間が経過すれば、事故情報は抹消され、新たにお金を借りることが出来ます。