消費者金融

借入審査の実態

消費者金融やカードローン会社といった一連の金銭賃借業者からお金を借りる際には、必ず借入審査が実行されます。そして審査は各金融会毎に基準が相違します。

大手銀行系消費者金融と中小中堅のローン会社では当然、審査の内容も違ってきますし、申込者の借り入れ現状によっても異なってきます。

基本的に現在他社からの借入が無いサラリーマン、あるいは他社からの借入が二件以内のサラリーマンであれば、大抵の消費者金融で融資は可能になるでしょう。審査に落ちる理由がないからです。

返済能力の見極め

金銭賃借業者は顧客にお金を貸してこそ営業利益が得られるのであって、お金を貸さなければ一円も利益があがりません。したがって、お金を貸しても大丈夫な相手には熱心に借入を進めてきます。貸し手も大丈夫な相手とは、つまり返済能力があると見込まれた顧客です。

その証拠に、毎月の支払いを確実に履行している顧客には、追加融資のおススメが入ってくるはずです。このように、優良客には必要のないお金まで借りて下さいと勧めてくるのが実態なのです。

しかし、それとは逆に優良客ではない顧客には、お金を貸そうとはしません。他社からの借入がある多重債務者や、毎月の返済が遅延するような顧客には、審査の段階で断られてしまいます。

そういった通常の消費者金融に見切られた顧客は、街キン(サラ金)のレベルまで落とさないと融資を受けれないでしょう。そうなってくると金利は高くなってきますし、支払いが遅延した場合の取り立ても厳しくなってきます。

誇大広告

総量規制対象外や無職でキャッシングといった誇大広告には十分な注意が必要です。無職でお金を借りることは絶対不可能ですし、総量規制対象外といったら銀行ローンやおまとめローン、あるいは闇金融といった金融業者しかありません。

ブラックでも融資可能といった宣伝も怪しいもので、貸金業協会に登録していないヤミ金融であることは間違いないでしょう。

こういった非合法な金融会社からお金を借りたら最後、未来永劫に金利を支払い続けることになってしまいます。