消費者金融

即日融資

米国の消費者金融業界

米国の消費者金融業界は、日本と比べると50年以上古くに誕生しています。

今から約100年前の1900年代初頭、米国のサラリーマン金融はローン・シャーク(サメのように食い尽くすローン)と呼称され、日本での貸金業規制法が改正される以前の出資法上限金利よりも更に高い200%〜500%の金利でお金を貸していたのです。

この頃、米国には健康保険制度がなく、小口の消費者金融の利用目的の大半は医療費捻出のための借入だったのです。その後、1916年に慈善団体が中心となって米国金融業協会、全国救済貸付協会などが一致して法案制定の機運が高まってきました。

キャッシング

後にJCFAが設立され、小口金融法の制定の動きが出たのが1918年です。しかし、州法の完成をもって全米に法律が整備されたのが、50年度の1968年のことです。

米国の法による利息規制は、日本と比較すると非常に複雑になっています。法制度自体も社会状況等の変化によって絶えず変化しているうえ、取引形態ごとに例外的な利息の限度を定める法律も存在しています。

こういった諸規制を統一する意味で、統一消費者信用法典が制定されましたが、未だに多くの州では採用されていないのが現実です。

また、連邦法では、消費者信用保護法が1968年に制定され、その中の「貸付真実法」において、金利の実質年率の算定方法や表示方法などが定められていますが、利息の最高限度は規制されていません。