違法業者

ヤミ金融の存在

ヤミ金融とは、貸金業規制法や出資法に違反している貸金業者です。貸金業者には義務付けられて
いる貸金業登録をせずに、無登録で金貸しをしている自体ですでに違法状態ですが、その上出資法
で定められた上限金利を超える利息をといっているのも重大な違法行為です。しかも、支払いが滞
った顧客に対しては、規制法で禁じられているような取り立て行為をしています。

なぜこのような違法業者がいるのか疑問に感じる方も多いと思いますが、実は有史以降、このよう
な高利貸しの存在は確認されており、生活空間のある世界において、高利貸しの存在は不可欠とな
っているのも事実です。

どのような規制が敷かれようとも、借りる人間がいる限り、ヤミ金融は存在し続けるでしょう。

0

ヤミ金融の融資額

では、そのヤミ金融とはどのような相手にどのくらいの金額を貸し付けているのでしょうか?正規
の消費者金融で借りれるのなら、誰も金利の高い違法業者などと取り引きはしないと思います。正
規のサラ金業者から借りれないからこそ、借りれる相手から借りようとするのです。

借りれる相手とは、貸金業登録をしていないヤミ金融業者です。彼らは末期症状の多重債務者への
融資をして、利益を得ているのです。ではどのくらいの金銭を貸し付けているのかと言いますと、
せいぜい5万円〜10万円の小口融資が殆どです。

広告などでは「最大500万円まで融資可能」といった大きなことを書いていますが、実際に
申し込みをすると、最初は実績がないからと適当な理由をつけられて、小口融資にされてしまい
ます。

いくら違法業者といえども、お金を貸す相手は返済能力の薄い多重債務者ですから、いつ返済不能
に陥ってしまうか分からないほどの高リスクを抱えています。したがって、融資をする額も、たと
え焦げ付いても傷が浅いように、小口融資に止めているのです。

多重債務者とすれば、もう少しまとまったお金を借りたいと思いますが、たとえ小口といえども現
金を必要なことから、違法な高利の条件で借りてしまうわけです。