審査

信用情報データ

消費者金融の借入審査で落とされるには、何らかの理由が存在します。ランクを落として激甘審査の金融業者を選ぶのも一つの手段ですが、やはり落とされた理由を把握しておくべきです。

審査で落とした理由については、いくら聞いたところで消費者金融側は一切答えることはありませんが、審査に重要な影響を持つ信用情報機関のデータを疑うべきです。

信用情報機関の個人情報データには、現在の金融業者からの借入状況や、過去の支払い履歴、事故情報などが登録されていますが、そういったデータに何らかの問題があると考えたほうがいいと思います。

審査に落とされる理由として、特に多いのが支払い能力不足です。これは、信用情報機関のデータに登録されてある現在の借入状況が左右しています。多重債務者として認識されれば、貸金業者側は警戒してきますので、審査に通らない可能性が高くなります。

0

情報開示請求

審査に通らない人は、一度信用情報機関のデータの開示請求をして、確認されることをお勧めします。開示請求では、身分証明書を持って機関の窓口へ出向けば、簡単に確認することができます。

ごくまれに、誤った情報が登録されていることもありますので、自分の情報がどのような登録されているか確かめるのも、重要なことです。

以下は代表的な個人信用情報機関です。

  • 全国銀行個人信用情報センター(全情協)
  • (株)シー・アイ・シー
  • 全国信用情報センター連合会(全情連)
  • (株)シーシービー